多聞会×第13回Art & Archaeologyフォーラム:無のかたち‐ブリコラージュとしての技術

多聞会×第13回Art & Archaeologyフォーラム:無のかたち‐ブリコラージュとしての技術

話題:        「ブリコラージュとしての技術‐長良川鵜飼舟製作の記録を通じて‐」 話題提供:石村 智 (東京文化財研究所無形文化遺産部音声映像記録研究室長) パネリスト:松井利夫(京都造形芸術大学教授)、村野正景(京都文化博物館学芸員)、伊達伸明(建築物ウクレレ化保存計画主宰)、中村大(立命館大学)、日下部武(写真家)、安芸早穂子(考古復元画家) 多聞会 アートと考古学 シリーズ Ⅱ無のかたち ‐Shape of the Shapeless‐ プレイベントを兼ねて建仁寺両足院にて 2018年2月17日(土)14:30-16:30

Read Article →
Accessing to the invisibles 「記録への創造的アクセス」八木良太

Accessing to the invisibles 「記録への創造的アクセス」八木良太

近年取り組んでいる記録メディアを用いた作品を、映像と音声で紹介します。記録という共通語から、考古学と自作の可能性を探り、美術と考古学相互の視点から「みえないもの」へのアクセス方法について考えたいと思います。( 八木) “Memory” and “Record” must be  key words used for both Art & Archaeology, so that Ryota Yagi  presents his recent art works with medias…

Read Article →
Welcome to Kyoto Art & Archaeology site

Welcome to Kyoto Art & Archaeology site

The Sanmon was erected in 1621 by Tokugawa Hidetada, the second Tokugawa shogun and it has a height of about 24 meters, a width of…

Read Article →
Now we start the site for Kyoto Art & Archaeology Forum and Show 2016

Now we start the site for Kyoto Art & Archaeology Forum and Show 2016

Read Article →
Suirokaku in Nanzenji Temple

Suirokaku in Nanzenji Temple

There was opposition against building Suirokaku in the precinct of Nanzen-ji Temple as some feared it would be a threat to the beauty of the…

Read Article →