Accessing to the invisibles 「記録への創造的アクセス」八木良太

近年取り組んでいる記録メディアを用いた作品を、映像と音声で紹介します。記録という共通語から、考古学と自作の可能性を探り、美術と考古学相互の視点から「みえないもの」へのアクセス方法について考えたいと思います。( 八木)

“Memory” and “Record” must be  key words used for both Art & Archaeology, so that Ryota Yagi  presents his recent art works with medias of recording time and memories,

to show his way of accessing  to the “invisibles”

 

 

circuit-5-original-1600x1305video_sphere