”WHERE THE EYES TO BE” 「眼の居場所」

”WHERE THE EYES TO BE” 「眼の居場所」

The 7th Kyoto Art&Archaeology Forum took place on tatami room in the museum of Kyoto .
Photographer Kusakabe has presented the scenes and landscapeshappen to be created by people in their everyday life in town….

his camera discovers them with sensitive curiosity then display in comical and poetic way like visual Haiku.

Kazushi Kusakabe talkon the tatami room in the museum of Kyoto

Kazushi Kusakabe talkon the tatami room in the museum of Kyoto

第7回テーマ: アーチストの考古学にふれる3   「眼の居場所」

 2015年5月30日(土)15:00~17:00
日下部一司(大阪芸術大学附属大阪美術専門学校 総合アート学科教授)

日常生活を通しての視点や対象となる物のあり方から、視覚の作用と認識(捉え方)
の問題に触れる作品を制作してきた。版画や写真・経年劣化した素材による立体作品等、
様々な媒体と手法を用いて発表を続けている。

場所: 京都文化博物館 本館6階(畳の部屋)
主催: A&A フォーラム事務局、WAC Japan・WAC-8 京都実行委員会、京都文化博物館

11377373_10200457562159667_1896531349143850295_n