Ukulele Made of Abandoned house 「建築物ウクレレ化保存計画」

Ukulele Made of Abandoned house 「建築物ウクレレ化保存計画」

第4回テーマ: アーチストの考古学にふれる 話題: 「都市の皮膚下記憶を掘り起こす」 話題提供者: 伊達伸明 氏(美術家 「建築物ウクレレ化保存計画」主宰)   11月14日 第4回京都A&Aフォーラム開催! 迄を主宰する気鋭の美術家 伊達伸明 氏から 失われる建物の手触りをウクレレとして残すという氏の作品制作コンセプトや経緯を伺いました。 現代の考古学に新しい存在意義を問う「都市の皮膚下記憶を掘り起こしかた」を又ひとつご教示頂く機会となりました。   The 4th meeting on 14 Nov. Nov.14  2014  …

Read Article →