Artist visits excavation: August 6, 2014

Artist visits excavation: August 6, 2014

mgenba2319mgenba2324mgenba2298   mgenba2330

2014年8月12日  アーチストによる発掘現場探検第1弾 パート2。

「室町期柱穴の陶器化」  同志社女子大校内で発掘作業終了直後の 常磐井殿町遺跡で、室町時代の柱穴を陶土で型取りし、茶会の器に焼成する作成実験を、作家で京都造形芸術大学教授の松井利夫先生と行いました。 室町時代の土をまとった柱穴の形の器が、窯からどのような表情で出てくるのか とても楽しみです。

若林先生はじめ 同志社大学関係者の皆さま ご協力に感謝致です!

12th August 2014         Artists exploring excavation site with archaeologists. Contemporary pottery artist Toshio Matsui who is one of the leading members of Kyoto A&A Forum examining the project of making vessels from the pillar holes of 14th century Kyoto town houses.

 

mgenba2300