Artist visits excavation: June 15, 2014

Artist visits excavation: June 15, 2014

2014年6月15日  アーチストによる発掘現場探検第1弾。 同志社大学 若林先生のご厚意で 同志社女子大学校内の室町時代屋敷町 常磐井殿町遺跡発掘現場をアーチストと考古研究者画ともに見学 どんなことをコラボできるかを探りました。…何を見ても楽しいアーチスト。 コンテンポラリー陶芸家で京都造形大学教授の松井利夫さんから「室町期柱穴の陶器化」の提案!!参加者:若林先生(同志社大学)、松井先生(京都造形芸大)、村野さん(京都文化博物館)、安芸(美術家) June 15th 2014         Artists exploring excavation site with archaeologists. Contemporary artists who are  leading members of Kyoto A&A…

Read Article →