Event 2015-1

Event 2015-1

Pre exhibition 2015 for WAC 8 “Archaeologists in 19 Century Kyoto” 7 February ~ 19 April 2015 at THE MUSEUM OF KYOTO 平成26年度 京都文化博物館総合展示 世界考古学会議京都開催決定記念 「近世京都の考古学者たち」 平成27年2月7日(土)~4月19日(日)

Read Article →
Ukulele Made of Abandoned house 「建築物ウクレレ化保存計画」

Ukulele Made of Abandoned house 「建築物ウクレレ化保存計画」

第4回テーマ: アーチストの考古学にふれる 話題: 「都市の皮膚下記憶を掘り起こす」 話題提供者: 伊達伸明 氏(美術家 「建築物ウクレレ化保存計画」主宰)   11月14日 第4回京都A&Aフォーラム開催! 迄を主宰する気鋭の美術家 伊達伸明 氏から 失われる建物の手触りをウクレレとして残すという氏の作品制作コンセプトや経緯を伺いました。 現代の考古学に新しい存在意義を問う「都市の皮膚下記憶を掘り起こしかた」を又ひとつご教示頂く機会となりました。   The 4th meeting on 14 Nov. Nov.14  2014  …

Read Article →
Artist visits excavation: October 15, 2014

Artist visits excavation: October 15, 2014

15th October 2014 In the Artists and Sites Project, we introduce artists to archaeological excavation site. This time we visited  Yayoi period rice paddy in…

Read Article →
Welcome to Kyoto Art & Archaeology site

Welcome to Kyoto Art & Archaeology site

The Sanmon was erected in 1621 by Tokugawa Hidetada, the second Tokugawa shogun and it has a height of about 24 meters, a width of…

Read Article →
Now we start the site for Kyoto Art & Archaeology Forum and Show 2016

Now we start the site for Kyoto Art & Archaeology Forum and Show 2016

Read Article →
On News Paper 2014-8

On News Paper 2014-8

2014年8月8日(金) 毎日新聞の朝刊に掲載されました。

Read Article →
Artist visits excavation: August 6, 2014

Artist visits excavation: August 6, 2014

    2014年8月12日  アーチストによる発掘現場探検第1弾 パート2。 「室町期柱穴の陶器化」  同志社女子大校内で発掘作業終了直後の 常磐井殿町遺跡で、室町時代の柱穴を陶土で型取りし、茶会の器に焼成する作成実験を、作家で京都造形芸術大学教授の松井利夫先生と行いました。 室町時代の土をまとった柱穴の形の器が、窯からどのような表情で出てくるのか とても楽しみです。 若林先生はじめ 同志社大学関係者の皆さま ご協力に感謝致です! 12th August 2014         Artists exploring excavation site with archaeologists. Contemporary pottery artist Toshio Matsui who…

Read Article →